企業の社会的責任

2004年10月、HP、DELLとIBMは電子業界行動規範(Electronic Industry Code of Conduct、略称EICC)を共同発表しました。その目的は電子業界のグローバルサプライチェーンにおいて、社会的責任の行動規範を標準化します。この行動規範ではいくつの基本規範から組合せて、労働者、安全衛生、環境、管理体制と倫理などを含んでいます。その後、Cisco、Intel、MicrosoftとSONYも加盟し、HP、DELL、IBMという大手メーカーとサプライチェーンの実行チームとなりました。EICCの総合計画を徹底的に実行し、EICCのサプライヤーたちは最高レベルの倫理基準に従います。これは電子業界サプライヤー達に第二者監査と第三者監査のコストを削減できるので、EICCが電子業界に受け入れて、サプライヤーの評価項目としてなっています。電子業界行動規範は電子業界サプライチェーンの社会、環境、倫理に関す行動規範となっています:

労働

雇用の自由選択、若年労働者、労働時間、賃金及び福利厚生、人道的待遇、差別の排除、結社の自由、児童労働の禁止。

安全衛生

職務上の安全、緊急時への備え、労働災害及び疾病、産業衛生、肉体的に過酷な作業、機械の安全対策、衛生設備・食事・住居、安全衛生のコミュニケーション。

環境

環境許可と報告、汚染防止と資源削減、危険物、廃水及び固形廃棄物、大気への排出、資材の制限、雨水の管理、エネルギー消費及び温室効果ガスの排出。

倫理

ビジネスインテグリティ、不適切な利益の排除、情報の開示、知的財産、公正なビジネス・広告・競合、身元の保護と報復の排除、プライバシー、責任ある鉱物調査。

管理体制

会社の取組み、責任者の説明責任と責任、法的要件及び顧客の要件、リスク評価とリスク管理、改善目標、トレーニング、コミュニケーション、労働者のフィードバックと参加、監査と評価、是正措置プロセス、文書化と記録、サプライヤーの責任。


EICC-宣言・方針

労働方針

LiPOLYは労働者に社員の人権を明確保護するという「社員宣伝事項」を明確に伝えます。法的規定に従い、雇用の自由選択、人道的待遇、差別とセクハラの排除など基本の規定は含める。その他に、多様なコミュニケーションルートを築き、適切な賃金及び福利厚生の確保、多様なトレーニングを提供し昇格のチャンスを与え、雇用の自由選択を奨励し全ての仕事は自発的協力。 「労働基準法」により、雇用主は15歳に満たない児童の雇用は禁じます。また、18歳未満の労働者の健康や安全を保護により、危険にさらされる可能性がある業務に従事させてはなりません。LiPOLYの労働方針により、児童労働の雇用は禁止しているので、雇用最低年齢に満たない児童は絶対雇用しません。また、18歳未満の労働者の健康や安全を保護により、危険にさらされる可能性がある業務に従事させてはなりません。従業員たちが確実にEICCの方針と精神が理解できるように、当社は在職の従業員に年度教育訓練を行い、当社のサイトと内部メールでそういうお知らせを伝えます。

安全・衛生・環境方針

LiPOLYの従業員は不適切な違法行為は容認してはありません。利益相反原則に従って、不正なコミッション、リベートまたはその他の不当な利益を取得することはは容認されません。

安全・衛生・環境方針

LiPOLYは健康、快適な職場環境づくりを進めています。環境の管理システムの部分について、LiPOLYはISO14001の認証を取得し、そのシステムが有効に実行し続けます。欧州RoHS指令に適合するため、LiPOLYはIECQ QC080000の認証を取得しました。健康、快適、品質が良い生活環境を作って、環境安全の理念を実践して、持続可能な発展を目指します。また、温室効果ガス(GHG)排出量を算定し報告します。

紛争鉱物不使用方針

紛争鉱物はコンゴ民主共和国(DRC)および周辺諸国という紛争時地帯から産出される錫鉱石(Sn)、タンタル鉱石(Ta)、タングステン鉱石(W)、金鉱石(Au)の4種類の鉱物です。該当紛争地帯は武装勢力に支配されて、鉱石を違法採掘して、人権を侵害します。  LiPOLYは不正に関わる紛争鉱物を原材料として使用しないことを承諾します。  購入先様に当社の方針をお伝えすると共に、「コンフリクト・ミネラル・レポーティング・テンプレート( CMRT )」、「紛争鉱物調査報告と紛争鉱物不使用宣言」、「購入先様のEICC承諾書」等承諾書を提出することを要求します。LiPOLYの原材料は顧客の要求と法律規定に従って、紛争鉱物は使用しません。

HSF方針

LiPOLYはグリーン購入を推進して、地球環境を保護して、顧客と法律規定に従って、改善し続けています。